人生で大切なことはだいたい富士山で学んだ。


だいたい誰か好きになるときって



理由とか探そうとするけど



ほんとうはそうじゃなくて



理由とか原因とかなくて



当たり前みたいにそうなって



当たり前みたいになると



甘えてしまって



どうして好きだったか



わからなくなって



君がいるのは当たり前



だと思っていたから



普通なんだと思っていたから



全然大丈夫なんだと思っていたから



安心してたから



だけど



作るのは難しいけど



壊れるのは簡単で



いついなくなっても



おかしくない人と



いっしょに暮らしてる



いつなくなってもおかしくない



時間を過ごしている



いつお別れが来たって



おかしくないのに



好きだってことを忘れて



生きていく



そうゆうふうに生活している



短くゆうと



すごく大切な人。












失ってはじめて気づくのに


失うまでわからない。


失う前に気づくことが難しい。